ヨガ・ホットヨガでストレス発散|みんなの口コミ

1年半ほど前から息がしにくくて、吐き気がします(実際に吐いてはいません)。

1年半ほど前から息がしにくくて、吐き気がします(実際に吐いてはいません)。少し動くと心臓がすごいスピードでドクドクし、すぐに息がきれてしまいます。夜は胸のあたりに圧迫感?のようなものがあり、なかなか寝付けません。頭も痛くて内科に行ってみたのですが、風邪のときに服用するらしい頭痛薬を処方されました。それと合わせて吐き気止めも処方してもらいましたが、どちらも効きません。それに熱も出ないので、風邪ではないのではないかなと思っています。もう一つ内科へ行ってみたのですが、よく分からないと言われてしまいました。就活やアルバイトや卒論などがあるので、できたら早めに治してしまいたいです。別の内科にかかった方がいいでしょうか。また、上記のような症状に心当たりがあって内科以外のどこかに行ったという方がいらっしゃいましたら、教えてほしいです。結構悩んでいるのですが、気のせいかなにかなのでしょうか。補足喉が押されたような苦しさ・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・ドライアイ・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまいほとんどが当てはまっていました。肩の高さはたぶん同じだと思いますが、ベッドの上(背中の下)に何かものがあると、確かに痛くて眠れません。あと、手を背中で合わせるのは右側の手がうまくいかなくてできませんでした。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

呼吸器科や循環器科でも診てもらいましょうね。原因がはっきりすれば、それはそれで安心すると思いますし。ただ、原因が分からず心療内科などを勧められるケースもあるようです。私がそうですが、精神的ストレスは関係ないだろうと別の方法で自力で解消しています。背中のストレッチをやってみてください。体の歪みを是正することで呼吸時の肺の膨張の自由度を高めて息苦しさを解消しています。ちなみに医療機関ではこの見解は持っていないようですね。まあ、気づく人が増えれば無視はできないと思いますが。鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。あと、肩の前傾ですね。「首こり、肩こり、腰痛の原因は首や肩、腰ではない」これが私の経験から導きだした結論です。肩甲骨の違和感や両肩の高さの違いはないでしょうか?肩甲骨の違和感は日常生活では首肩よりも感じ難いですが、例えば、ゴルフボールを背中と床に挟んで仰向けで寝たとき、痛かったりくすぐったくて寝ていられないような感じと解釈しています。慢性的な首こり、肩こりに悩んで、マッサージやカイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。背中だったのです。厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。治った他の症状を挙げますね。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・ドライアイ・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい原因は「胸椎、肋椎関節の歪み、旋回」だったと推察しています。整形外科では「問題なし」と言われていましたが、よく考えれば右肩が明らかに上がっていましたし、何が「問題なし」だったのか本当に疑問です。本当に彼らはこの問題に真剣に取り組んで欲しいと思います。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。では根本原因をどう治すかですが、自宅でストレッチです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

初めまして。

初めまして。お知恵をかしてください。現在、主にパニック障害で通院中なのですが、クリニックで診察を『待つ』事に対して異常な苦手意識をパブロフの犬的にもってしまい、毎回血圧計で出される心拍数が160/minな状態が続いています。順番が来て診察時になると僕の中で達成感ができて安心し、ほぼ通常になるのでドクターは余り特別で急を要する対応は必要ないと判断しているので歯を食いしばり毎回耐えています。で、先日に誤って朝の分の分包された薬を夜に服用してしまい次の診察までに一回分(2錠)足りなくなってしまいました。そこでクリニックに処方箋だけ受け取る事は可能かと相談したところ、「診察を受けた上で処方箋を受け取ってください。」との返答でした。医師法的に間違いではないとは存じております。ですが、普段の受診も2週間では先取りされてしまうので、3週に一度に期間を延ばし100%一番で待ち時間を殆どなしにと工夫してクリニックの配慮なしで頑張れるように目標を立て乗り越えようと闘っている中で、既に予約で埋まっているだろう期間に再診を、と言われるのは症状的に厳しく感じてしまい、主治医への信頼も揺らぎそうです。恐らくかなり待たされるはずです。勝手な言い分かも知れませんが、誤飲した薬は前回の診察時に「次の受診までに飲むべき薬」と判断されて処方されたものですし、症状が悪化する可能性を感じながらも配慮される事なく従うしかないのでしょうか。正直、何時間も待たされるよう指示されただけで今から不安と恐怖が纏わり付いてきついです。間違えて飲んでしまったのは僕と言われたら何も言えないんですけどね。ちなみに、厚生労働省の担当の方に伺ったらケースバイケースで必ずしも診察が絶対で処方箋を出す訳ではないとアドバイスを貰ったのですが判断はあくまでドクターとの事でした。皆様のアドバイスが頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

基本的には受診ありきのようですよ。体が痛くないですか?また姿勢悪くないですか?参考になれば幸いです。必要に応じて医療機関でご相談ください。鏡で左右の肩の高さに違いがないか、どちらかが前傾していないかを確認してみてください。私はパニック障害でしたが、肩こり首こりの原因を見出だし、息苦しさから開放されたことが解決に重要でした。数十年前にはほとんど聞かなかった症状が何故現代に台頭しているかを冷静に考えてみてください。何が「変わった」のかです。ストレスって私たちの親世代と比べて高まったのでしょうか。私の場合は医者に「仕事のストレスかもね」と言われても釈然としませんでした。パニック障害や鬱病、自律神経失調症などの気分障害の原因は精神的ストレスではないことを証明するために、パニック障害を自力で治しました。私には慢性的な息苦しさ、過呼吸があったのですが、何か精神的ストレスを感じるとその傾向が強まることから、当初は精神的ストレスが原因だと考えていました。関連の医療機関で内臓の問題はないとのことで、勧められた精神科で精神的な問題、パニック障害であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く治らない。。もう自分で治す以外に解決策はないと思うようになりました。「胸郭の歪みによる慢性的な息苦しさ、またそれによる自律神経の失調」それが答えでした。私は肺の辺りが何だか窮屈な感じがあり、深呼吸をすると肩が上がっていました。そして今は何の違和感もなく、肩を上げずに深呼吸できます。これが何を意味するのか?よく自律神経が失調すると息苦しくなるという解釈を目にしますが、むしろ私は息苦しいからこそ自律神経が失調すると考えています。実際、息苦しさから開放されて精神面でも症状が明らかに改善しています。ただ、何故医療機関ではこのアプローチが全く無いのかが非常に疑問です。同じ状態になった医者が1人も居ないって事はありえないでしょうし、その医者が誰1人としてこのアプローチを考えないとも正直思えません。顎関節症、肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや冷えや痺れなどはありませんか?一緒に治した症状は以下の通りです。顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。ヨガで言う「後ろ合掌」ができるかどうかは体の状態を把握する上で非常に重要だと考えています。・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898

痒いのにかいてもかゆさがなくなりません。

痒いのにかいてもかゆさがなくなりません。最近毎日なります。正直怖いです。ストレス?疲労?病気?精神不安定?一応パニック障害的なのはあります

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

私もパニック障害でしたが、背中がその状態でしたね。姿勢悪くないですか?参考になれば幸いです。必要に応じて医療機関でご相談ください。姿勢が悪くないですか?鏡で左右の肩の高さに違いがないか、どちらかが前傾していないかを確認してみてください。体に注目してみてください。私はパニック障害でしたが、肩こり首こりの原因を見出だし、息苦しさから開放されたことが解決に重要でした。数十年前にはほとんど聞かなかった症状が何故現代に台頭しているかを冷静に考えてみてください。何が「変わった」のかです。ストレスって私たちの親世代と比べて高まったのでしょうか。私の場合は医者に「仕事のストレスかもね」と言われても釈然としませんでした。パニック障害や鬱病、自律神経失調症などの気分障害の原因は精神的ストレスではないことを証明するために、パニック障害を自力で治しました。私には慢性的な息苦しさ、過呼吸があったのですが、何か精神的ストレスを感じるとその傾向が強まることから、当初は精神的ストレスが原因だと考えていました。関連の医療機関で内臓の問題はないとのことで、勧められた精神科で精神的な問題、パニック障害であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く治らない。。もう自分で治す以外に解決策はないと思うようになりました。「胸郭の歪みによる慢性的な息苦しさ、またそれによる自律神経の失調」それが答えでした。私は肺の辺りが何だか窮屈な感じがあり、深呼吸をすると肩が上がっていました。そして今は何の違和感もなく、肩を上げずに深呼吸できます。これが何を意味するのか?よく自律神経が失調すると息苦しくなるという解釈を目にしますが、むしろ私は息苦しいからこそ自律神経が失調すると考えています。実際、息苦しさから開放されて精神面でも症状が明らかに改善しています。ただ、何故医療機関ではこのアプローチが全く無いのかが非常に疑問です。同じ状態になった医者が1人も居ないって事はありえないでしょうし、その医者が誰1人としてこのアプローチを考えないとも正直思えません。顎関節症、肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや冷えや痺れなどはありませんか?一緒に治した症状は以下の通りです。顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。ヨガで言う「後ろ合掌」ができるかどうかは体の状態を把握する上で非常に重要だと考えています。・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898

中1女子です。

中1女子です。努力しても身長が伸びません。努力といっても、身長の伸びるタンパク質やカルシウムをできるだけ多く摂ったり、11時までには寝るといったような事です。あとは縄跳び等のジャンプをすると骨に刺激がいき、身長が伸びると聞いて時間がある時に実践したりもしています。周りの子たちはぐんぐんと伸びていくのに私だけ小さいままです…(148です。) ちなみに父は175センチ、母は155です。計算すると私は最高160センチほどにはなるらしいのですが…(あてになりませんが…)初潮は小5の3月末、つまり小6になる頃でした。中1からでも伸びますか?また、どうすれば身長を伸ばすのに効果的でしょうか。友達にチビだと馬鹿にされたり、本当に気にしているので中傷などはおやめください。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

ストレスに感じるのが体には良くないと思いますよ。そのうち伸びるくらいに思うほうがいいかもしれません。あとはよくジャンプするバスケとか高飛びなどの競技をするといいかもしれません。肩ができると、伸びにくくなるので水泳はあまり向かないと思います。あと周りの背の高い友人たちは成長期はご飯のときも牛乳を飲んでいたようです。体に合うのであれば牛乳もいいと思います。ヨガのポーズで背を伸ばすものも確かありましたよ。なんにせよ気持ちを落ち着けることが大事です。友達に言われてもまた言ってるな。くらいに気に留めないといいですよ。大丈夫です。まだ中学生なんですから。大学生で伸びる人もいるんですよ。まだまだたっぷり時間はあります。

お酒以外の、家で出来るストレス発散を教えて下さい。

お酒以外の、家で出来るストレス発散を教えて下さい。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

家だったら、ヨガとか、自分が好きなにおいのお香たいたり、お風呂にゆっくりつかったり、家をめっっちゃ掃除したり・・・などなど、けっこうありますよ☆

どうしようとなくしんどくなって今日、初めて心療内科に行きました。

どうしようとなくしんどくなって今日、初めて心療内科に行きました。睡眠導入剤と精神安定剤?(イライラを止める薬)と頭痛薬を処方していただきました。ですが、薬に関して調べていくうちに飲むのが怖くなってしまいました。これを飲んで取り返しのつかないことが起こるなら自分で頑張ろうかな…と、思うほど。こういう薬ってやっぱり危険なんですかね?

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

投薬については一時的改善なのか完治を目指すものなのか確認しても良いかもしれませんね。さすがに「とりあえず飲んでみて」では無いと思いますが、、体が痛くないですか?また姿勢悪くないですか?参考になれば幸いです。必要に応じて医療機関でご相談ください。鏡で左右の肩の高さに違いがないか、どちらかが前傾していないかを確認してみてください。私はパニック障害でしたが、肩こり首こりの原因を見出だし、息苦しさから開放されたことが解決に重要でした。数十年前にはほとんど聞かなかった症状が何故現代に台頭しているかを冷静に考えてみてください。何が「変わった」のかです。ストレスって私たちの親世代と比べて高まったのでしょうか。私の場合は医者に「仕事のストレスかもね」と言われても釈然としませんでした。パニック障害や鬱病、自律神経失調症などの気分障害の原因は精神的ストレスではないことを証明するために、パニック障害を自力で治しました。私には慢性的な息苦しさ、過呼吸があったのですが、何か精神的ストレスを感じるとその傾向が強まることから、当初は精神的ストレスが原因だと考えていました。関連の医療機関で内臓の問題はないとのことで、勧められた精神科で精神的な問題、パニック障害であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く治らない。。もう自分で治す以外に解決策はないと思うようになりました。「胸郭の歪みによる慢性的な息苦しさ、またそれによる自律神経の失調」それが答えでした。私は肺の辺りが何だか窮屈な感じがあり、深呼吸をすると肩が上がっていました。そして今は何の違和感もなく、肩を上げずに深呼吸できます。これが何を意味するのか?よく自律神経が失調すると息苦しくなるという解釈を目にしますが、むしろ私は息苦しいからこそ自律神経が失調すると考えています。実際、息苦しさから開放されて精神面でも症状が明らかに改善しています。ただ、何故医療機関ではこのアプローチが全く無いのかが非常に疑問です。同じ状態になった医者が1人も居ないって事はありえないでしょうし、その医者が誰1人としてこのアプローチを考えないとも正直思えません。顎関節症、肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや冷えや痺れなどはありませんか?一緒に治した症状は以下の通りです。顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。ヨガで言う「後ろ合掌」ができるかどうかは体の状態を把握する上で非常に重要だと考えています。・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898

眠剤中毒の治し方、教えてください(長文です)

眠剤中毒の治し方、教えてください(長文です)私は睡眠障害で何年間も、睡眠導入剤、眠剤を服用してきました。約4年です。身体に耐性がついてしまい、医者の処方をしてくれている良じゃたりなくなり自分でどんどん追加して飲んでいってしまいました。酷くなってきたのは今年の2月あたりからです。参考までにその時に飲んでいた眠剤の種類、量を書きます。それ以外でも精神疾患があるのでその他の薬も併用しています。その他の薬ドグマチール 50mg 2錠アナフラニール 10mg 2錠睡眠系デパス 1mg 2錠ハルシオン 0.25mg 2錠レンドルミン 0.25mg 2錠ロフピノール 2mg 2錠これだけの薬を飲んでいました。今年の2月あたりからどんどんやる気が失せていき、寝れなくなっていったので睡眠系の薬を自分で増やしていきます。ピーク時はデパス 4錠ハルシオン 6錠レンドルミン 4錠〜6錠ロフピノール 6錠〜10錠まで増えました。このころになると外に出るのもおっくうになり、家に引きこもりの生活に突入していきます。どんどん体調が悪くなっていきます。タイミングよく、それまで通ってた先生が病院を閉鎖することになり他の病院へ紹介状を書いてもらい他の病院へ移動しました。でもそこではこんなに薬をだしてもらえるわけでもなく・・・・薬を飲んでも寝れない日々が続いています。寝れても浅い眠りで夢をバンバンみて寝た気にならないです。そこで私が20代からお世話になってる先生のところへ助けを求めに受診しました。そこではじめて「眠剤中毒」といわれました。そこの先生の処方は一気に薬をがらりと変え、睡眠系はレンドルミン1種類となりました。治療法は、「とにかく毎日ウォーキングをしろ」とのこと。「歩けばよくなるから」と。その言葉を信じて約二ヵ月半ウォーキングを続けピーク時には1万8千歩まで歩けるようになっていました。それでも一向に眠くなったりしません。前述の先生は、具体的な治し方は一切言わず。ただすこしずつ減薬していく方針です。かたや後述の先生はがらりと薬を変えられた上、ウォーキングしてとにかく歩け。の一点張りです。寝れないといっても薬を変えてくれることはありません。治療を始めて約二ヵ月半。どちらも効果は全然出てない感じです。このまま後述の先生の言ってるウォーキングを続ければ治っていくのか。それとも減薬からはじめたほうがいいのか今の私にはさっぱりわかりません。眠剤中毒を治した方、現在戦ってる方、アドバイスお願いします

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

先生の言う通り軽い運動で(ウォーキング、ヨガなど)とにかく汗をかいて、肝臓を洗うような薬(ウルソ、グルタチオンなど)を飲みましょう。そして体から薬を出し切ってしまいましょう。血圧などはかり異常がなければ徐々に少し負荷のかかる運動(軽いジョギングなど)に切り替えて、体を疲れさせて、規則正しく食事を取っていたら2ヶ月後には眠れるようになりますよ。カフェイン、アルコール、刺激物も取らないようにして下さい。汗を出そうとサウナに入るのもおすすめ出来ません!血液どろどろとかになるので。ストレスもためないように。何か趣味に打ち込むのもオススメです。そして眠くないのに寝る必要はありません。仕事でも眠気に耐えてこなして下さい。眠くて眠くてと言う状態を体で思いだせれば、あとは自分で眠くなる時間をづらしていけばいいだけです。実証済みなので。頑張って下さい。

ストレス性か、他の病気が隠れているか、アドバイスください。

ストレス性か、他の病気が隠れているか、アドバイスください。25歳女性です。ここ2週間で、食後の吐き気、膨満感、腹痛、頭痛を感じています。他に、1日に不定期に腹痛が襲ってきて、突然の下痢→普通の便などを1日に繰り返しています。特に食後の腹痛と膨満感がすごく、汚い話ですが吐いたり、もしくは、したから出さないと治りません。吐いた時は頭痛も同時に収まりますが、下から出す時は出しても症状が軽くなるだけでかんぜんに治ることが少ないです。腹痛や食後でない時は、元気です。少しお腹が冷えると気分が悪くなるので、お腹にパーカーなど持っていると、いつも通り活動できます。これはストレス性でしょうか?それとも他の病気が隠れている可能性はありますでしょうか?直近仕事が忙しく(1ヶ月ほど、東南アジアの国々を飛び回り続けていました)、いま一時的に日本にいます。正直ストレス性でしたら放置したいのですが、いかんせん結構つらく、皆様のお知恵を借りたい次第です。過去にパニック障害も患っており、正直精神的なものなら、それに時間を費やすのももったいないなと思うくらい自分で呆れており。。。よろしくお願いします。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

私はパニック障害などの気分障害の原因は性格や精神的ストレスではなく、誰でも罹患する可能性があると考え、原因を根本から見直して自力で完治しました。投薬重視で来られたなら、本当に投薬で完治するものなのかを再考するのも必要かもしれませんね。私は精神科医に投薬の機序を説明された時に「それは頓服としてですよね?根本解決になるとは全く思えませんが?」と言ってしまいました。医師の説明を鵜呑みにされない方が良いと思います。長期間飲み続けることにより、どこがどのように改善するのか確認すべきだと考えます。精神的ストレスを唯一の原因とするような風潮にはお気をつけください。姿勢が悪くないですか?原因は本当に精神的なストレスなのか?現代人の生活様式や行動傾向から共通の原因を見つけられるんじゃないか?これが私の完治へのスタートでした。投薬なしで相当苦労しましたが、やりきった感じです。パニック障害、息苦しさ、吐き気、めまい、頭痛、顎関節症、首肩のこり、肋間神経痛、腰痛など100にも及ぶような多くの心身の症状は自宅でのストレッチで完治しています。その場で肩を上げずに十分な深呼吸ができますか?(腹式呼吸ではなく)また、姿勢の悪さ、顎関節症、慢性的な首肩のこりはないですか?自律神経失調症のような症状も含めてパニック障害は自力で治しました。治ってから言えるのは一般的な原因解釈、治療法には本当に妥当性があるのか?ということです。また、「パニック障害」に限らず、多くの気分障害は同様に言えることかもしれません。内科、歯科、呼吸器科、循環器科、心療内科、精神科などで総合的に診断を受けてみてください。1箇所に固執せずに総合的にです。また、原因の説明、治療方針についてはご自分でも妥当性を判断してみてくださいね。パニック障害を治した過程を元に回答します。私はパニック障害でしたが、併発していた症状、近年で急増した原因の医学的な解釈の不明確さから原因は精神的ストレスではなく、併発していた症状を含め原因は体にあると断定して自力で治しました。深呼吸をしたときにしっかり吸えていない、肩を過度に上げないと満足にできない、肋骨に不可解な痛みや圧迫があるなどはありませんか?私には慢性的な息苦しさがあり、頻繁に深呼吸をしていました。ただ、深呼吸を何度しても満足に酸素が取り込めていない感覚があり、肩も大きく上げないと駄目でした。それが今では全くありません。平常時(既に息苦しい)→うつ状態、自律神経失調↓何らかの緊張(電車、広場、過去のトラウマ等)※現代医学では投薬でこの状態を一時的に低減しているだけとイメージ↓呼吸の乱れ↓パニック発作人間は緊張すれば心拍数の上昇や体の筋肉の緊張があるわけですが、平常時に満足な呼吸ができていれば多少呼吸が乱れても何の問題もないものの、慢性的に息苦しい状態があると多少の乱れで許容レベルを超えて過呼吸やパニック症状が生じると考えました。では何故、慢性的な息苦しさがあるのか?(私は息苦しい状態を数年我慢していたため、更に悪化して明確な「息苦しさ」として認知できるようになりましたが、明確に「息苦しさ」を感じない状態でも体としては十分息苦しい状態になっている方が多いのではないかと思います。)原因は姿勢の悪さによる「胸郭の歪み」でした。胸郭、すなわち肺を囲む肋骨の稼動不良により肺が十分拡張できず、慢性的な息苦しさに直結していたという解釈です。骨格の歪みなんていうものがあるなら、レントゲンでおなじみの整形外科でも指摘頂けそうですが、残念ながら整形外科では問題として認知できないようです。私は3箇所の整形外科で同時期にレントゲンを取ってみてもらいましたが、全く指摘されませんでした。でも鏡を見れば明らかに右肩が上がって、更に右肩が前傾、左肩が後傾し、右肩が極度に上げにくい状態でした。更に同時期にあった以下のような症状も「胸郭の歪み」「体の歪み」の存在を確信させる要因になっていました。・顎関節症・片側の首こり、肩こり・右肩甲骨の痛み・首が痛くて左を向けない・椅子に座ると真っ直ぐにならない・立っていると真っ直ぐにならない→全て自力で完治させました体の歪みに注目してみてください。ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。この事に気がついて多くの症状を治すことができました。深呼吸をしても肩は上がらなくなり、日常的な呼吸も非常に安定しました。対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。また、日常生活の中で姿勢を正すことも重要でした。ちょっと過度に胸を張るように生活すると丁度良かったです。特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。まずは背中のストレッチを進めてみてください。やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 http://mentalist110.seesaa.net/article/392453216.html・猫背の本当の原因とはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

【250枚】ストレスってどうやったら解消出来ますか?

【250枚】ストレスってどうやったら解消出来ますか?精神的なストレスや知人(友人や恋人)との揉め事、嫌な出来事から生まれる様なストレスです...色々なストレスあると思いますが、これらのストレスを一気に真っさらにするにはどうすれば良いですかね?普通の小さな悩みやストレスは寝たり、風呂に入ったり映画を観たり、自分の趣味の時間を増やしたりして解消出来ますよね...しかし風呂に入ろうが寝ようがゲーセンで遊ぼうが後々思い出すと又イライラしたり後悔したりする様な取り返しの付かない様な出来事で大きなストレスが溜まった時どう解消すれば良いでしょうか?物に八つ当たりすれば後が面倒ですし、誰かに打ち明けた所で全てスッキリする訳ではありません(僕の場合は...)ストレスが溜まり過ぎて病気になったり体調を崩したりと良く聞いたりしますが僕の場合、そんな症状よりも先に無性にイライラします。どうしょうもない様なストレスが溜まった時メンタルケアはどう行えば良いですか?実体験でも何でも良いの何か教えて下さい。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

過度なイライラは自律神経失調症の症状です。でも、ご自身で認識している分まだ大丈夫ですね。おすすめは、ヨガなんかどうでしょうか。鬱病の人がヨガを初めて生き生きするようになったなんて話はよく耳にしますが。

鬱状態で休職中です。一年間殆ど寝ておりましたが、簡単な料理はできるようになり...

鬱状態で休職中です。一年間殆ど寝ておりましたが、簡単な料理はできるようになりました。パソコン 作業したあとは痛みが増します。スマホも なるべく音声入力でするようにしています 。膀胱炎も併発して半年でやっと治癒してお薬を飲むのを止めましたら、急に右上腕部が痛くなりました。整形外科でお薬をもらっても良くならないので、行かなくなりました。 ちなみにもともと生まれつき左首に頚椎ヘルニアを持っております そちらのMRI検査をされて お金をぼったくられました。 休職中なので 傷病手当も切れたので高い MRI検査はもうできません。 整形外科の先生は右上腕部の痛みは原因不明と言っています 。完全にヤブ医者でした。仕方ないので、メンタルの主治医に湿布を出してもらってます。元々肩こりもありますが肩こり 体操でだいぶ良くなりました。体操のとき腕を使うので痛みは走りますが... さとう式リンパマッサージも試してみましたが 上腕部の リンパマッサージはあまり、例がありません。最近は右上腕部より 脇の下のあたり の筋が痛いです。 食器洗い、物を棚に直すなどのときも痛みが脇の下に移っています。長文申し訳ありません。どなたかアドバイスを下さい宜しくお願い致します。

ストレス発散にヨガがおすすめ口コミのアドバイス

ヤブとありましたが、精神科医は鬱病と首、肩こりとの関係性については何も見解はないのでしょうか、、?ふーん、、という感じですね。私は肩こりの原因を究明してパニック障害を完治させています。体が痛くないですか?また姿勢悪くないですか?参考になれば幸いです。必要に応じて医療機関でご相談ください。鏡で左右の肩の高さに違いがないか、どちらかが前傾していないかを確認してみてください。私はパニック障害でしたが、肩こり首こりの原因を見出だし、息苦しさから開放されたことが解決に重要でした。数十年前にはほとんど聞かなかった症状が何故現代に台頭しているかを冷静に考えてみてください。何が「変わった」のかです。ストレスって私たちの親世代と比べて高まったのでしょうか。私の場合は医者に「仕事のストレスかもね」と言われても釈然としませんでした。パニック障害や鬱病、自律神経失調症などの気分障害の原因は精神的ストレスではないことを証明するために、パニック障害を自力で治しました。私には慢性的な息苦しさ、過呼吸があったのですが、何か精神的ストレスを感じるとその傾向が強まることから、当初は精神的ストレスが原因だと考えていました。関連の医療機関で内臓の問題はないとのことで、勧められた精神科で精神的な問題、パニック障害であると診断され投薬治療をはじめるも、これが全く治らない。。もう自分で治す以外に解決策はないと思うようになりました。「胸郭の歪みによる慢性的な息苦しさ、またそれによる自律神経の失調」それが答えでした。私は肺の辺りが何だか窮屈な感じがあり、深呼吸をすると肩が上がっていました。そして今は何の違和感もなく、肩を上げずに深呼吸できます。これが何を意味するのか?よく自律神経が失調すると息苦しくなるという解釈を目にしますが、むしろ私は息苦しいからこそ自律神経が失調すると考えています。実際、息苦しさから開放されて精神面でも症状が明らかに改善しています。ただ、何故医療機関ではこのアプローチが全く無いのかが非常に疑問です。同じ状態になった医者が1人も居ないって事はありえないでしょうし、その医者が誰1人としてこのアプローチを考えないとも正直思えません。顎関節症、肩こり、首こり、姿勢の悪さ、背中の痛みや冷えや痺れなどはありませんか?一緒に治した症状は以下の通りです。顎関節症とうつ病は併発しやすいなんてよくネットに出ていますが、そりゃそうですよね。同じ原因なら併発しやすいでしょう。・顎関節症・顔面と後頭部の痺れ・顔面の歪みによる笑いにくさ・唇が歪むような喋りにくさ・下唇のピクピク(片側に集中)・飲み込み辛さ・喉が押されたような苦しさ・歯ぎしり・日中のかみ締め・食事中の片顎で食べる癖・首こり・肩こり・腰痛・立っていても座っていてもフラフラする感じ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害・息苦しさ・不安感・人と対面したときの著しい緊張感の高まり・緊張したときの異常な口の渇き・心臓辺りの痛み・わき腹の痛み・目のクマ・眼精疲労・瞼のピクピク(片目に集中)・頭痛・食後の弱い吐き気・集中力の低下・記憶力の低下・思考力の低下・偏頭痛・めまい簡単に書きますと原因は「背中の歪み、またそれによる慢性的な呼吸困難、血行不良」でした。当初からあった「背中の痛み」はこの始まりだったと今では理解しています。これを治した事で全身にあった身体的症状や精神的症状は嘘のように緩和していきました。立っていて、真っ直ぐ立てていないようにフラフラすることはないでしょうか?また、左右の肩の高さが違う状態になっていたり、どちらかの腕が挙げにくい状態になっていませんか?これも「背中の歪み、コリ」の弊害だと推察できます。背中のコリの正体は胸椎と肋骨を繋ぐ「肋椎関節」の何らかの障害と考えていますが、この部分が稼動不良になると息を吸う際の肺の膨張を阻害して息苦しさに直結するとみています。大きく息を吸ったときに肩を上げないと吸えなくなっているようですと、この傾向があると考えています。「こんなとこなんで問題になるの?」とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。問題は「腕の上げすぎ」です。日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。あらゆる可能性からご自分で最良の解決策を見出してくださいね。なんとか私は治せたのできっとヒントはあると思っています。共通する対策としては背中のストレッチが重要だと思っています。ヨガで言う「後ろ合掌」ができるかどうかは体の状態を把握する上で非常に重要だと考えています。・顎関節症はどこで治せば良いか 顎関節症の治し方 改善法http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244419・自律神経失調症の原因http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331・慢性的な首こりの原因と首こり解消法?http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898
ホットヨガ横浜|安いのは?hotyoga体験レポートで暴露

自律神経を整えるヨガの効果とは